top
NPO法人関西演芸推進協議会  
HOME 関西演芸推進協議会とは | ライブ予告 |ライブレポート| 役員挨拶 | 事業内容 | 会員規約 | 入会案内 | 事務局 | お問合せ
space

spacecontents :

space 関西演芸推進協議会とは

space 役員挨拶

space 事業内容

space 会員規約

space入会案内

space 役員名簿

space 事務局

space 会報誌笑らいぶ

walive

こちらからご覧いただけます。

第1回記念講演(2008.7.16 THE HOTEL メトロ21)
『上方落語の時代がやってきた」 講演 木津川 計 先生
第1回笑らいぶ
▲時代背景と「笑い」のブームの関連性を講じられる木津川先生

明治時代、若者にの中でブームになった音楽「琵琶」の話にはじまり、大正時代の無声映画、昭和、平成へと、時代の移り変わりと共に娯楽や演芸の楽しみ方、表現方法などが変わってきたことと同じように、笑いの傾向も変わってきている。時代背景に伴って変化してきた「笑い」の傾向をわかりやすく、また、軽やかなジョークを交えながら、大変おもしろい内容で、勉強になるお話をいただきました。中でも、演芸のブームの話の間に、落語2話(「天狗裁」、「千両みかん」)を演じていただき、受講者のこころはもう木津川先生の虜…。会場は時折、笑いの渦が巻き起こる、和やかな1時間の講演会となりました。笑いの裏に時代背景ありというところは興味深く、また、「落語」の第三世代の時代といわれる今、もう既にブーム到来の余波を感じます。ぜひ、一度、落語を聞きに行ってほしい。特にアクションのみの「一発芸」しか知らない若い世代の方に落語の面白さを伝えたい…。
 
08.07講演
講演で「落語を聞けるとは思いもしませんでした。」「もっと聞きたい!」「次回もシリーズでお願いします!」「1時間丁度で講演を締めるところはさすが!」など、様々な感想を残された参加者の方々。

木津川計先 プロフィール

専門誌「上方芸能」発行人

和歌山大学客員教授

川西市生涯学習短期大学学長

著書「上方芸能と文化」「上方の笑い」等多数

昨年から「木津川計の一人語り劇場」を旗揚げ、新国劇の名作「瞼の母」等を各地で口演し好評。

木津川先生
live-info

 

ご入会はこちらから

illust
   HOME | ライブスケジュール | ライブレポート | お問い合わせ

 関西演芸推進協議会とは | 役員挨拶 | 事業内容 | 会員規約 | 入会案内 | 事務局 | サイトマップ
Copyright (C) 2007 walive.org. All rights reserved.